さぁ、これから
金上 孝さん

ウグイスの声で目覚める季節がやってきました。
僕は角田で生まれ育ち、自然の営みや四季を身近に感じることのできる
暮らしを理想に筆甫に移り住み、暮らし始めて8年が過ぎました。

はじめはうまくやっていけるかどうかという不安もありましたが、
地区のみなさんからの何気ないひと声や二言三言の些細な会話にとても安堵したことを
覚えています。


また、地区のみなさんからご指導、お力添えを頂きながら様々な経験をさせていただきました。
筆甫での暮らし、気持ちも落ち着きはじめ、さぁこれからという矢先での震災。
直後は原発事故の影響もあり精神的にも落ち込みました。

その後、地区内外の放射線量のモニタリングや町内外の線量積算バッジの読み取り、
帰還困難区域も含めた避難指示区域の住宅の調査補助といった経験が、
自分のおかれている状況や県堺のこの地域で暮らしていくことに対して向き合うきっかけとなり

今では、これまで普通と思っていたあたりまえの暮らしに日々ありがたみを感じています。
そして改めて「さぁ、これから」という気持ちで、
これまでの経験を僕なりの力にしていけたらと思っています。

地区のみなさん、未熟者ではありますが今後とも、ご指導のほどよろしくお願い致します。

平成26年5月号掲載

   

筆甫地区振興連絡協議会(筆甫まちづくりセンター内) 〒981-2201 宮城県伊具郡丸森町筆甫字和田80-2  電話番号 0224-76-2111  FAX 0224-73-6008

Copyright (C) 2015 筆甫地区振興連絡協議会 All Right Reserved.