感謝の心をたいせつに
引地 慶子さん

昭和12年生まれの慶子さんは男4人、女4人の8人兄弟の6番目として生まれました。

結婚後は酪農、養蚕や炭焼き、さやいんげんの出荷などをしました。

酪農をしていた時の事を「重い牛乳缶を背負って集乳所まで運んだんだよ。」と懐かしそうに
語ってくれました。


冬の炭焼きの時は自宅から遠く離れた炭窯まで通って炭焼きをして、木炭を入れる炭俵を編んだりして一生懸命働きました。

その後は夫婦揃って10年間、養鶏場で働いたと若い頃の生活を笑顔で話してくれました。

慶子さんの趣味は編み物や小物づくり。できあがったものを友人や知人にプレゼントをして喜ばれることがとても嬉しいそうです。

77歳の喜寿の同級会があぶくま荘で行われた時にフクロウの壁掛けをプレゼントにもっていったらフクロウの巾着をもってきた
人がいて、フクが2つで福福だと盛り上がり、賑やかな同級会だったと楽しそうに話してくれました。

今の楽しみはお茶飲み会や豊齢者大学に参加すること。
豊齢者大学は過去に3年連続で皆勤賞をもらったことがありました。

また、近所の人にいろいろな行事に誘ってもらえる事に感謝していますと笑顔で明るく話してくれました。

健康にも気をつけて生活しているとのこと。慶子さん、これからもお元気でお過ごしください。

平成27年7月号掲載
   

筆甫地区振興連絡協議会(筆甫まちづくりセンター内) 〒981-2201 宮城県伊具郡丸森町筆甫字和田80-2  電話番号 0224-76-2111  FAX 0224-73-6008

Copyright (C) 2015 筆甫地区振興連絡協議会 All Right Reserved.