地図帳を見るのが大好き
萱場 シミ子さん

今回の生き生き筆甫人、萱場シミ子さんは昭和9年に山元町で生まれました。

昭和19年に両親と3人で満州へ渡り、
昭和21年9月に日本に引きあげてきましたと
穏やかに話してくれましたが、まさに激動の時代を生き抜いてきました。

引きあげ後は裏区の父の実家で生活し、その後、中区の空き家へ生活の場を移しました。
昭和23年7月に現在の地に開拓入植し、山林を切り開き家族で頑張ってきました。

昭和26年9月に結婚し、2人のお子さんと3人のお孫さんに恵まれました。

昭和50年に新しく畜舎を建て本格的に酪農に力を入れました。
「当時は筆甫で酪青研といって若者たちが元気に活動していたんだ、息子が北海道に旅行に行った時は
留守番大変だったんだよ」と立派に成長した長男の様子を懐かしく語ってくれました。
その隣には長男のお嫁さんが微笑みながら見守ってくれる、温かいご家族でした。

今の楽しみは地図帳を見ることだそうです。

旅行が好きで地球儀も居間にあり、最近話題になっているホルムズ海峡を確認することができたと、
嬉しそうに話してくれました。

また、好奇心が旺盛で話題も豊富。
日常生活では大好きな片づけ事や食事の用意をしたりと、毎日忙しく働いているシミ子さん。

これからも健康に気をつけて、社会に関心を持ち続けてお元気でお過ごしください。

平成27年9月号掲載
   

筆甫地区振興連絡協議会(筆甫まちづくりセンター内) 〒981-2201 宮城県伊具郡丸森町筆甫字和田80-2  電話番号 0224-76-2111  FAX 0224-73-6008

Copyright (C) 2015 筆甫地区振興連絡協議会 All Right Reserved.