旅行は人生の楽しみ
宗片 満子さん

今回の生き生き筆甫人は、中区の宗片満子さん。

昭和15年に6人兄弟の4番目に生まれました。

結婚前は農繁期に保原町の果樹農家で住みこみで働き、
農閉期は和裁を習って花嫁修業をしました。
19歳の時に結婚し、成人式には近所の人に着物を着せてもらい出席したそうです。


結婚当時は8人家族で、夫の一番下の妹さんは当時小学3年生で、その後長い間一緒に暮らしたので、
今でも「お姉さん」と慕ってくれるのが嬉しいと語ってくれました。

当時の風呂場は外にあり、夫の両親の背中を流したり、風呂の湯をうめる水を運んだりと一生懸命働きました。

一番つらかった事は
「小学生だった上の子供を両親に預けて、下の子供2人を連れて夫婦で土木工事の現場で働いた時だった」
と1人残してきたお子さんの事がとても気がかりだったと顔を曇らせていました。

しかし、今では息子さんご夫婦と一緒に暮らし、大好きな旅行にも連れて行ってくれて、とても幸せだと感謝していました。

その他にも、農協の旅行で国内の主要な観光地、九州や沖縄、四国などに行きました。北海道には3回も行ったそうです。

また、近くに住んでいる満子さんの妹さんは毎日のように訪ねてくれるので、とても楽しみにしていました。
ご姉妹が近くにいて心強くて良いですね。

これからも旅行を楽しんだりと、増々お元気にお過ごしください。

平成27年10月号掲載
   

筆甫地区振興連絡協議会(筆甫まちづくりセンター内) 〒981-2201 宮城県伊具郡丸森町筆甫字和田80-2  電話番号 0224-76-2111  FAX 0224-73-6008

Copyright (C) 2015 筆甫地区振興連絡協議会 All Right Reserved.