写真は一瞬を抜き取ること
引地 信市さん

今回の生き生き筆甫人は、昭和7年生まれの引地信市さんです。

2男2女の長男として誕生し、小学6年生の時に父親を戦争で亡くし、母親と祖父母に
育てられました。

「祖父は跡継ぎが地区を離れると地元に戻ってこなくなるのを心配して高校に行かして
くれなかったんだ。」と当時の様子を語ってくれました。


祖父の死後、昭和32年に舘矢間出身の勝子さんとお見合い結婚をしました。お嫁入りは筆甫の入口までタクシーを利用し、
そこからはトラックで移動したそうです。

当時は水稲、林業、炭焼き、養蚕を営んでいました。
炭焼きが衰退した頃から筆甫の森林組合で働きはじめ、その後自動車修理工場に勤務してから、夜間の勉強会に参加して
3級整備士の資格を取得することができ、仕事に大いに役立った事を話してくれました。

3人のお子さんの教育は、自分の好きな進路を進んで欲しいとの思いで、ご夫婦はお子さんの受験勉強中は自分達もテレビは
見ないで勉強に集中できるよう応援するなど、教育に熱心でした。

趣味は長男の成長の記録を残す為に始めたカメラです。
撮影会には奥様同伴で参加し、有名なカメラマンから「光と影の演出」の教授を受け、写真コンクールで賞を受賞する
腕前になりました。

また、15年間続けたデイサービスのボランティア活動を行うなど、何事も一生懸命取り組み「今日の用事は明日に持ち越さない」
をモットーにしている、几帳面な性格だそうです。
これからもお元気でお過ごしください!

平成28年4月号掲載
   

筆甫地区振興連絡協議会(筆甫まちづくりセンター内) 〒981-2201 宮城県伊具郡丸森町筆甫字和田80-2  電話番号 0224-76-2111  FAX 0224-73-6008

Copyright (C) 2015 筆甫地区振興連絡協議会 All Right Reserved.