筆甫の自然は人生の楽園
大橋 幸男さん

今回の生き生き筆甫人は、「筆甫の暮らしは人生の楽園だよ」と穏やかな笑顔でお話をしてくれた
大橋幸男さんです。

昭和12年に一男四女の長男として誕生しました。
お仕事は石の採掘場、養鶏場、建材会社と職場は変わりましたが約50年間、
重機のオペレーター一筋に一生懸命働いたそうです。
平成2年に日立建機(株)より表彰され、仕事を続けていく中で大きな自信と励みになったと
嬉しそうに語ってくれました。


昭和12年に一男四女の長男として誕生しました。
お仕事は石の採掘場、養鶏場、建材会社と職場は変わりましたが約50年間、重機のオペレーター一筋に一生懸命働いたそうです。
平成2年に日立建機(株)より表彰され、仕事を続けていく中で大きな自信と励みになったと嬉しそうに語ってくれました。

また、消防団活動にも熱心に取り組みました。
消防団に入団直後に裏区の大火を経験したことは、忘れられない記憶になっているそうです。
その後、筆甫分団長、消防世話係長を歴任され、分団長時代には「訓練は思いっきりやる、
自分の命を守る」という言葉を通して、団員へ訓練の大切さと命の大切さを伝えました。
消防の法被のおかげで自分を知ってもらえたと語り、消防庁長官より感謝状をいただいたことを誇りにされています。

趣味は渓流釣り、山菜取り、きのこ取り、山野草、花の手入れと多趣味です。
数年前に病気になり、奥様と娘さんから無理をしないでと心配されるそうですが「自分の気の向くままに
生活した方が元気が出るんだ。それに二人で会話を楽しんで花壇の手入れをしている今が充実して幸せだ」と感謝していました。

これからもお元気でお過ごしください。

平成28年7月号掲載
   

筆甫地区振興連絡協議会(筆甫まちづくりセンター内) 〒981-2201 宮城県伊具郡丸森町筆甫字和田80-2  電話番号 0224-76-2111  FAX 0224-73-6008

Copyright (C) 2015 筆甫地区振興連絡協議会 All Right Reserved.