人生前向きに生きる
引地 正光さん

今回の生き生き筆甫人、引地正光さんは昭和9年生まれの82歳です。

4男4女の3番目として生まれました。

2歳の時に家族で満州にわたり、昭和20年4月に父に連れられ筆甫に戻りました。
父は再び満州に戻り、戦後に家族が戻るまで父の実家で育てられたそうです。


「筆甫のばぁちゃんにはとっても可愛がられたから、両親がいなくとも寂しい思いはしなかったなぁ」と
懐かしそうに話してくれました。

卒業後は炭焼き、蚕蚕の手伝いを行い23歳の時から、千葉県で住宅や団地づくりの仕事に従事し、
一生懸命働きました。あの当時は雨の日は休みで、映画や芝居を見ながら楽しく過ごしたと語ってくれました。

51歳の時に筆甫に戻り、今は1人暮らし。
「波乱万丈な人生を送ったが、人生前向きにをモットーに、苦労も含めて自分の人生は良い人生だなぁ」と
笑顔で話してくれました。

毎日野菜づくりを楽しみ、料理作りが大好きな正光さんは、
「夜、布団に入ってからも明日の献立を考えることがあるんだ」と穏やかな口調で話し、
野菜を近所の人におすそわけして喜ばれるのが嬉しいこと、
甥っ子や親しい人の世話になり買い物に連れていってもらうことに大変感謝していることなど、
たくさんのお話を聞かせてくれました。

正光さん、これからも健康に気を付けて、元気にお過ごしください。

平成28年10月号掲載
   

筆甫地区振興連絡協議会(筆甫まちづくりセンター内) 〒981−2201 宮城県伊具郡丸森町筆甫字和田80−2  電話番号 0224−76−2111  FAX 0224−73−6008

Copyright (C) 2015 筆甫地区振興連絡協議会 All Right Reserved.