忙しく働いてきました
菊地 玲子さん

今回の生き生き筆甫人は、昭和12年生まれの菊地玲子さんです。

舘矢間地区の大きな農家で、2男2女の3番目として生まれました。


お姉さんと弟さんがブラジルへ移住をした時期があり、お兄さんを助けるために
農業を手伝っていたそうです。「あの時は一生の別れだと思いとても寂しかった」と
話してくれました。30数年後に日本に帰国して、今では互いの家を行き来している
ことが嬉しいと話してくれました。

昭和35年に結婚してお子さん2人、お孫さん4人に恵まれました。結婚当時は水稲、野菜づくり、養蚕や酪農など
ご主人とお2人で一生懸命働き、毎日が忙しかったそうです。

牛2頭から始まった酪農も搾乳20頭、育成10頭まで増やし亡くなったご主人からもらった「俺の考えに協力してくれて
ありがとう」との感謝の言葉を、今でも忘れられないと笑顔で話してくれました。

そして、福島県保原町の田んぼで牛のエサの藁立ての仕事をしている時、休憩中に撮ってもらった写真が「JA福島
中央会田んぼフォトコンテスト」で「ひととき」という題名でグランプリを受賞したそうです。福島県の新聞にも掲載されて、
大きな励みになったと笑顔で受賞の喜びを語ってくれました。

現在の楽しみは野菜づくりとカラオケだそうです。歌番組を見ながら一緒に歌うこともあるそうです。
そして野菜づくりを早くしたいとの事で、早く暖かくならないかなともうすぐ訪れる春を待ち望んでいました。

玲子さん、これからも健康に気を付けてお元気でお過ごし下さい。

平成29年3月号掲載
   

筆甫地区振興連絡協議会(筆甫まちづくりセンター内) 〒981−2201 宮城県伊具郡丸森町筆甫字和田80−2  電話番号 0224−76−2111  FAX 0224−73−6008

Copyright (C) 2015 筆甫地区振興連絡協議会 All Right Reserved.