まちセンの仕事を通して
長谷川 真美さん

私は生まれも育ちも筆甫です。
長谷川家の長女として生まれ今年で30歳になりますが、
小学校の友達は結婚したり筆甫から離れた人も多く少し淋しく思います。

今は筆甫まちづくりセンターで竹林整備や環境整備の仕事をしています。


ここで働くきっかけは、地域の為になりたいと思っていた時に民生委員さんに声がけいただきました。
仕事をはじめることになり、「よし!まちセンで頑張ろう!」と思いました。
これまでも外仕事をやっていて草刈り機などは使ったことがあったので環境整備で機械を使う事は
苦にはなりませんでした。でも、倒したしの竹が足にぶつかった時の痛かったこと、
炎天下でおこなったガクアジサイ畑の草むしりや土寄せはきつかったです。

まちセンの仕事のほかに23歳頃から2本松のおじさんのところで機械の解体の仕事も手伝ってきました。
解体の仕事はとても楽しく、私の気分転換になっています。

2つの仕事を掛け持ちするのは大変ですが、まちセンの仕事は地域のためにもなり、
きれいになると住民の方も喜んでくれるし皆さんに声をかけていただけると私も嬉しいです。

これからもこの仕事を続けたいと思っていますので是非、声をかけてください。
よろしくおねがいします。

平成27年1月号掲載
   

筆甫地区振興連絡協議会(筆甫まちづくりセンター内) 〒981-2201 宮城県伊具郡丸森町筆甫字和田80-2  電話番号 0224-76-2111  FAX 0224-73-6008

Copyright (C) 2015 筆甫地区振興連絡協議会 All Right Reserved.